私はEDが原因で彼女ができない男です。彼女ができてもEDを打ち明けるのは恥ずかしいし、女性に声をかける勇気もありません。そんな日々を改善するためにED治療しようと決意しました。このサイトではED治療について調べたのでご紹介します。

色々なED治療法

セックスに関する誤った知識が原因のEDは治療薬で

社会性を持ち、理性で本能をコントロールする事が出来る人間ですが、野生動物と同じく性的な欲求は誰もが必ず持っています。
性欲を良くない欲求だと言う意見は依然として多いですが、それは健康的な男女なら確実に心の奥底に秘めている動物としての本能であり、無闇に無くそうとすれば、返ってストレスが溜まってしまいます。
マスターベーションやセックスを通して、性欲を解消するのは何も悪い事ではありません。
動物として自然な姿であり、好きな異性と性行為をしたいと感じるのは何ら淫らな欲求ではなく、心と身体の健康を示す事柄です。

特に男性は性欲があるからこそ、仕事やスポーツや芸術に精を出す事が出来ます。
生きるモチベーションと性欲は大きな関係性があります。確かに性欲が旺盛過ぎるのは問題ですが、逆に性欲を悪しきものだと思い込んでしまうと、ストレスが来るEDになってしまいます。
まだまだ教師や保護者の間ではセックスを不潔な行為だとする意見が根強く、子供たちに誤った性教育を施してしまう人々が少なくありません。

本来であればマスターベーションに興味を持ち、それを通して性や自我の発達を促さなければいけない時期に、親や教師から執拗にセックスは不潔なものという教育を受けてしまうと、男子児童などは成人後も植え付けられた価値観から、セックスの際、ペニスが立たなくなるEDを発症します。
幼児期から思春期にかけての性教育は想像以上に大事です。その間に誤った知識を受け取り続けますと、マスターベーションやセックスを通して学ばなければいけない性欲のコントロールや勃起の自然な形を体得出来ず、大人になってから苦労します。

実際に過去のトラウマが引き金になって、成人後、恋人や妻が出来た際、無意識的なEDを発症する男性がいます。
過去のトラウマが原因のEDは、自己治療が困難であり、精神的なカウンセリングや治療薬によるフォローが推奨されます。
性に関する情報をシャットアウトされ続けた男性もまた成人後、EDになりやすく、結婚後も性的な行為に関心を示さず、レス状態や不妊状態が起きる等、夫婦生活に暗い影響を及ぼします。

ただ幸いな事に医療技術が発展した今日、カウンセリングや治療薬の服用を通して、そういった問題は成人後もケアする事が可能です。
男性機能は精神的なストレスや過去に教えられた知識や価値観によって機能を失う事があり、
本人が努力しても解決しないタイプのレス状態や不妊状態も多く、女性や周囲の大人のサポートが必須です。