私はEDが原因で彼女ができない男です。彼女ができてもEDを打ち明けるのは恥ずかしいし、女性に声をかける勇気もありません。そんな日々を改善するためにED治療しようと決意しました。このサイトではED治療について調べたのでご紹介します。

色々なED治療法

若年性EDは新薬を使って勃起する練習が大事

ED治療薬として、バイアグラやシアリス、レビトラの3大ED治療薬が有名ですが、韓国の製薬会社から発売されているザイデナという新薬が、近年注目を集めてします。
ザイデナは、バイアグラやレビトラと同様の、勃起を妨げる酵素である、PDE-5の阻害薬で、PDE-5の働きを抑制して、血流をよくするという働きがあります。
勃起不全は、満足な性交渉をするという目的に対して、十分な勃起を達成できなかったり、維持できないといった状態を指す勃起障害のことをいいますが、加齢だけではなく、精神的ストレスで起こることもあり、現代では珍しい病気ではありません。
EDは、中年や高齢者が起こる症状だと思っている人も多いかもしれませんが、20代などの若い世代でも起こる病気でもあります。
若い世代の勃起不全を若年性EDといい、精神的な原因による心因性の勃起不全と、身体的な原因による器質性勃起不全の2種類に分類されます。
このうち圧倒的に多いのが、心因性の勃起不全で、20代というまだ性行為自体の経験も少なく、精神的な影響を受けやすい年代のため、ちょっとした原因でも勃起不全になってしまう人が少なくありません。
セカンドセックス勃起不全は、若年性の中でももっとも頻繁に起こる症状で、性行為自体が初めて立ったり、新しい相手と初めて性行為をする時に起こりやすく、失敗したらどうしようというおそれや焦りから起こってしまいます。
こうしたセカンドセックス勃起不全の人は、過度な焦りやおそれによって、性的刺激よりも強く興奮状態にあるため、うまく勃起しなくなってしまいます。
また、バーチャル勃起不全という、生身の女性と性行為ができない人もいて、アニメやAVといったバーチャルな世界に夢中となってしまい、自分だけ気持ちよくなればいいマスターベーションとは違って、生身の女性との性行為に戸惑ってしまい、萎えてしまうことが多くなってしまいます。
こうした若年性の勃起不全は、精神的な影響を受けやすいために起こるため、改善するには、まず自分に自信を持ち、精力剤を使ってとにかく勃起させる練習をし、自信を取り戻すことが大事です。
ザイデナは、バイアグラやレビトラとは違い、ウデナフィルという成分が使用されています。
従来のED治療薬が欧米で開発や治験されてきたのに対して、韓国で開発されているため、アジア人だある日本人にも、体質的にあいやすいいという特徴があります。
また、バイアグラやレビトラが、食事による脂肪分によって成分の効果が阻害されてしまうのに対し、ウデナフィルは、食事の影響を受けにくいというメリットがあります。