私はEDが原因で彼女ができない男です。彼女ができてもEDを打ち明けるのは恥ずかしいし、女性に声をかける勇気もありません。そんな日々を改善するためにED治療しようと決意しました。このサイトではED治療について調べたのでご紹介します。

色々なED治療法

ED治療の後発医薬品が登場、経済的使用が魅力

日本の国は、未曾有の少子高齢化社会となりました。
建国以来初めて人口の割合が逆ピラミッド型に変わり、若者の数が減り、高齢者の占める数が増えました。
高齢になりますと、病気とケガのリスクが増大します。毎週のように病院に通う高齢者の方もいます。元々他国よりも医療費の額が高かった日本の国ですが、高齢者の占める割合が増えた結果、より多くの医療費が必要となりました。
特に最新のお薬は薬価が高く、難病ではない一般的な病気治療を受けるだけでも、多くの医療費が発生します。

国の方も膨張し続ける医療費負担に、手をこまねいているだけではありません。積極的に官民一体となって、後発医薬品の利用を国民に呼びかけ始めています。ジェネリック医薬品とも呼ばれる後発医薬品は、薬価が非常に安い医薬品です。
新薬の半分以下の値段で提供されている場合が殆ど、長期にわたってお薬を飲む必要に迫られた時は新薬ではなく、後発医薬品を選んだ方が確実にランニングコストが下げられます。
新薬に強いこだわりを持つ方々もいますが、後発医薬品とは新薬の劣化版ではありません。
共に同じ成分が配合されており、物理的には限りなく同一の医薬品です。飲む事で得られる薬効と効能も同一であり、製造企業が異なるのみで、基本的には同じ製品ですので、経済的な観点から見れば新薬を選ぶメリットはまるでありません。
安い理由も特許の費用が掛かっていない、というシンプルなものであり、アウトレット品やB級品だから安価という事ではなく、新薬と後発医薬品の性能は同じ水準です。

多くの分野に進出し始めたジェネリック医薬品ですが、今ではED治療薬の分野にも多くの製品があります。
ED治療薬は男性の勃起不全を改善させる特殊なお薬です。そのためか一般的な風邪薬などよりも薬価が高く、庶民が愛用するにはランニングコストが高すぎる、という難点が目立っていました。
ところがジェネリック医薬品がED治療薬の世界でも一般化して来たため、庶民でも余裕を持って使用する事が可能となりました。
インド製のジェネリック医薬品は品質も良く、それでいて値段が非常に安いため、セックス頻度が高いカップルには最適なお薬です。
箱のデザインや錠剤の形や色などが新薬のED治療薬とは異なっているものの、やはり普通のジェネリック医薬品同様に、お薬の主成分は同一なため、新薬と同じ回復力を得られます。
即効性が強いジェネリック医薬品もあれば、持久力に長けた製品もありますので、ベースとなる新薬がどちらのタイプか、よく調べてから入手し、仕様を理解した上で正しく使用しましょう。